ブログ

10年後職人さんが輝いている会社作りとは?


職人さんが輝いているために、いったい何が必要なのでしょうか?
その先のお客様は無視して良いのでしょうか?

仕事が楽しい条件、夢中になって働ける条件って何でしょうか?
やりがいのある仕事がある。
もちろん重要だと思います。
金銭的に満たされる。
当然なければ続けられません。
そして、もう一つ重要なのは、喜んでくれるお客さんの存在じゃないでしょうか?

人は一人では生きていけません。
どんなに良い仕事をしても、評価をして、感動してくれる、感謝して下さるお客様がいらっしゃる。
その一点だけでも、仕事人生に大きな差が生まれるのではないでしょうか?

実はほんの数年前までは、
「自分さえ儲かっていれば良い」という狭い考えの持ち主でした。

実は私も、つい二年前までは毎日現場を走り回って、お客様の感謝をちょうだいしておりました。
当時は全く辞めるつもりもなく、現場での仕事を一生続けると信じて疑っていませんでした。

売り上げも順調に上がっておりましたし、新店も軌道に乗りかけて充実した毎日。
ほかの畳屋さんのことは知らないけど、自分たちは毎日がんばっていました。
そんな日常が大きく変わったのは、他の畳店さんと交流が始まってからでした。

自社のノウハウや学んできた知識は、他社に知らせる気などサラサラなかったのですが、
どういうわけか、いろんな人の前で講演をすることが増えていました。

今まで自社の情報を隠し通し、他店と交流してこなかったしてこなかった私としては、
新しく仲間が増え、理想を実現していく作業は、やりがいもありましたし楽しいものでした。
しかし、同時に自社の業務とのバランスにも悩み始めました。

1294286_455060951280901_1249185221_o-2

今までは、自分さえうまく行けば良いと、接触をさけてきたのですから、
他社と交流を始めただけでもずいぶんな方針転換でした。
しかし、周りに頼られるままホームページ作成など業務を手伝い、
自社の業務も同時に行うとなると負担は増えるばかりです。

夜中の二時に一日を終えるのが当たり前となり、
週の労働時間は120時間を超えていました。

このままではいけない、やっぱり本業に集中しよう。
そう思った冬の夜、仲間の畳屋さんから問いつめられました。
「このまま自分たちを見捨てるのか?」と。

そのとき、ずいぶん思い悩みました。
これまで自分さえ良ければいいんだという考えで働いてきたのに、
初めて仲間とともに歩いていく、
仲間と笑い合える未来を目指すようになっていたのです。

「今までの自分は間違っていたのかもしない。」
様々な人に相談をしました、もちろん妻とも話し合いました。
そして全員の答えは同じでした。
「仲間が輝けば、その先のお客さん達も幸せになる。それこそが、あなたの望んでいた事じゃないの?」
特に妻は繰り返し私に伝えてくれました。
こうして私の心は決まりました。

心が決まった現在、やるべきことは明確でした。

仲間のサポート業に専念する。
そう決めてからは実行あるのみでした。
職人さん応援会社という意味でマイスターサポートという社名を掲げ、
ホームページ作成だけだった業務を、
これまで培ってきてお客さんを幸せにしながら、自分たちも成長していくという方法論を全て提供していこう。
まずは、その思いを分かってくれて、つき合いたいと願ってくれる仲間から提供していこう。

1558589_246731192178473_1842097640513097160_n

そうして、訪問コンサルティングや、写真撮影、合宿セミナーと、取り扱い業務をどんどん増やしていったのです。

マイスターサポートのミッションは、社名の通り
「10年後も職人さんが輝いていられる会社作り、のお手伝い。」です。
これは、きっとずっと変わらないと思います。

これからも、仲間とともに成長していきたい。
そんな想いで旅を続けています。
このホームページをお読みのあなたともご縁があれば幸いです。

まずは資料をご請求ください。

私たちの活動については、ホームページに可能な限り掲載していこうと考えています。
同時に紙の資料としてもまとめております。
気になった方は、どうぞ資料をご請求ください
いろんなオマケも同封しておりますので、楽しんでご覧いただければと思っています。


関連記事

ページ上部へ戻る