ブログ

実績報告:口下手で勉強も苦手だった接骨院の先生が毎週1冊以上本を読むようになるまで


当社の「あなたのビジネスを見直す一泊二日集中セミナー」に参加された方のレポートです。
大阪は森ノ宮で開業されている原田鍼灸整骨院の原田先生が合宿にいらっしゃる前のお悩みは非常に多岐にわたっていました。

非常に穏やかで物静かな原田先生は率直にいって口下手。
人と話すと緊張してしまって、患者さんとの問診にも苦労されていました。
また野球部出身の体育会系ということで勉強が苦手で、新しく知識を仕入れるのにも苦労されてました。
さらにお子さんが産まれたばかりで育児に手一杯の奥様と意見が衝突することも多く、なかなか安らげる時間が取れないとのことでした。
これらの目の前の悩みプラス、軌道に乗り始めた院の経営も次のステージに進めていきたいと希望されていました。

普段治療院経営ラボでお付き合いさせていただいてるだけに、そのお悩みがよく伝わります。

合宿では社会をめぐる様々な課題を見直しながら、自身が現在置かれている状況を再確認します。
そしていくつかの問いを続ける中で、ご自身が抱えてらっしゃる真の問題と解決のために必要な情報について調べていきます。

通常の経営課題の解決セミナーって机上論というからお話の上だけで解決の方向を見つけるだけなんですが、この合宿講座は異なります。
現実に解決のための情報をインプットし、解決手段をアウトプットしていきます。
参加者の問題解決について質疑を繰り返してるうちに自社の解決について気づきを得たり、グループワークを続けながら問題の着地点を探ります。

最終的には帰ったその場から取り組むべき課題が整理され、現実に帰宅とともにタスクはどんどん進んでいきます。
原田先生の場合はこれまでの情報処理の方法に問題があったことが判明。
口下手で人前だと何も言えなくなる原田先生が、講座の終盤で医学的な知見を朗々と披露される姿は全く別人のようでした。
この調子なら問診でもピンチに陥ることはないでしょう。

また奥様との軋轢の原因は家事の進め方にあった事も見つかり、帰宅された当日に行動レベルで改善され、ご夫婦の対話も進まれました。

さらに順調に進歩していた院の経営課題もさらに進歩する施策に取りかかられ、年度末の結果が楽しみな状況に。

ご自身からも

今回合宿に参加させて頂きありがとうございました。
二日間の集大成で優先順位ワークを行うと自分で
考えた結果と全く違う答えが出てきてビックリです。
本当にやらないといけないことは目の前に転がっているのですね。
気づかせて頂きありがとうございました。
本を読むキッカケも頂きありがとうございました。

といったご感想をいただき、合宿中に設定した課題はかなり早期に解決なさいました。

行動や言動もすっかり変わられた原田先生。
今まで読書が苦手で全くといって本を読んでらっしゃらなかったのが、合宿後には毎週1冊ペースでお読みになられてるとのこと。
合宿を通して人生そのものが変化してきたようです。
今後の活躍がますます楽しみですね。


関連記事

ページ上部へ戻る