ブログ

先のことを考えるとやっぱり事業は展開しておかないと。


乗り換えアプリでどういう訳か名古屋まで特急移動。
新幹線乗り継ぎで東京へ。
慣れないことはしてはいけません。
名古屋から間違って新大阪行きに乗ってしまいましたw

と朝から間抜けなスタートをしつつ茨城経由宇都宮へ。
中小企業は社長が全て。
人生=我が社。という社長さんの場合、人生に困難が降りかかると途端に業績に跳ね返ってしまいます。
逆にいうと人生が充実してると会社も充実するんじゃないでしょうか。

そんなこんなで人生丸ごとおつきあいさせていただく事が多いのですが、子供さんの将来だったりどんどん守備範囲が広がってる気がします。

ここ最近頻繁にご質問いただくのが
「この業界将来大丈夫でしょうか?」
系のご質問です。

飲み会で色々語り合っております。

しかしこれからは、そもそもこの質問自体がナンセンスになっています。
ウチの業界だけが悪くて、隣の業界の方が良かったかな的な推測。
今からは全ての業界が曲がり角に立っています。
というかこの国そのものが沈み始めています。

一つの売り。だけにしがみつく一本足打法は非常に危険です。
別にあっちこっち手を広げましょうと言うわけではなく、取扱商品、販売先、提供エリア、取引パートナー、従業員、あらゆる部門で事業を展開していく必要があります。
売上を増やすと言うより、対応できる可能性を広げるってイメージでしょうか。

変化を拒み、頑張ってコツコツ働き続けるのはいいんですが、その取引先が明日には突然消滅してる時代です。
毎年同じことを続けても人口減少に合わせて年々出荷量が減るのがこの国の基準です。
一歩一歩進んでいくしか実は選択肢がなかったりします。

な〜んて事を5時間6時間。
なんだかんだと語り合いながら宇都宮の夜は更けていくのでありました〜。


関連記事

ページ上部へ戻る