ブログ

ホームページで売り上げが上がるパターン、上手くいかないパターン。 決定的な3つの違いとは?(2/3)


ネットからの売り上げが上がっていない畳屋さん、至急ご連絡いただけますか?

ホームページで売り上げが上がるパターン、上手くいかないパターン。 決定的な3つの違いとは?(2/3)

ホームページ作成、詳しい資料はこちらをご覧下さい。

ホームページをいざ作り始めると、いろんな壁に当たります。
価格はどう表現するべきか?
安売りでないといけないのか?高いと見てもらえないのか?
デザインはどうするのか?
近未来っぽい方がいいのか?そこまでこだわらなくてもいいのか?
ホームページビルダーで作ってもいいのか?
プロに頼んだ方がいいのか?頼んで効果があるのか?
などなど、問題は山積みです。

しかし、重要なのはそんな部分ではありません。
ホームページで上手くいく、上手くいかないを分けるポイントはズバリ3つ。
今回はそちらをお伝えしたいと思います。

ポイント1
あまり言いたくありませんが、実際のところ、見た目はそれほど関係ありません。

実際問題、あまりにヒドいデザインだと、売り上げに影響します。
必要なデザインが出来ている。というのは最低条件です。
しかし、カラフルな背景を使うとか、アニメーションを取り入れたりは、ほぼ意味がないことは、明らかです。

ポイント2
むしろ、重要なのは内容です。

あるべき場所に、しかるべき情報が載っているのか。
お客さんが知りたい情報が、必要な言葉で提供できているのか?
本当に重要なのは、そういった部分だったりします。
やはり、闇雲に作れば良いというものではないのです。

ポイント3
そして、何より重要な事は、作ってからの運営です。

お店もホームページも同じです。
お客さんから見て、店舗として扱われるのは、全く同じ。
なので、いくらキレイなお店ができたとしても、全く手入れがされいない。
ほったらかしでは、むしろ印象が悪くなってしまいます。

そして、ホームページが完成してから、売り上げが上がるまでにやるべき事は、実はたくさんあるのです。
(1)何でもいいからホームページを作る→(2)ネット広告を打つ→(3)大もうけ。
そんなうまい話ではないのです。

実際の店舗と同じように、地元の街に溶け込んで、お客さんの信用を勝ち取って行く。
そういった地道な作業が必要になってきます。

774896_278011388991513_1231850118_o

では具体的にどうやって取り組んで行くのか?
実は、この具体的な方法論が、小さなネットショップには決定的に欠けているのです。
そして不思議な事に、全世界のホームページ屋さんが、その具体例について触れようとしません。
その具体的方法とは?
それは次のようなものです。

中小企業のホームページに決定的に欠けていて
しかし、だれも教えたがらない最も重要な方法論とは?

[1][2][3]

ホームページ作成、詳しい資料はこちらまで。


関連記事

ページ上部へ戻る