ブログ

ホームページなんて、誰が作っても同じです。それなのに、成果に差が出るのはなぜでしょう?(1/3)


ネットからの売り上げが上がっていない畳屋さん、至急ご連絡いただけますか?

ホームページなんて、誰が作っても同じです。
それなのに、成果に差が出るのはなぜでしょう?(1/3)

ホームページ作成、詳しい資料はこちらをご覧下さい。

チラシによる反応が激減する昨今。
また、仕入れが高くなるだけでなく、価格競争がどんどん厳しくなってきています。

特に、法人さんの仕事は、量も単価も下降気味。
出来れば個人の仕事をメインにして行きたい。
誰もがそうお思いじゃないでしょうか?
そんな時代に、「インターネットなんてやって、ホントに儲かるの?」
なんてノンキな事、言ってる方はいらっしゃいませんよね?

ご存知だと思いますが、もはやそんな時代ではありません。

例えば、私が手がけたお客さんは、ホームページを作って、わずか一ヶ月後に40万円の畳替えを受注。
その後、30万円、50万円と高額の畳替えばかり次々と注文が入っています。

他にも、ネット経由で一見畳替えをしたところ、「今までどこの畳屋さんに頼んでいいのか分からなかったよ!」と、親兄弟の畳替えを次々ご紹介していただいたり。

今まで全く付き合いのなかった官公庁から、直接電話がかかってきたり。
有名な寺社仏閣から、直接注文があったり。

次々と、受注の報告を聞いています。

それだけではなく、私どもでホームページをお作りになった方は、ほぼ全社、制作費を取り返せる利益を3〜6ヶ月以内に出しておられます。

image_1364205960213684

では、上手くいっていないホームページと、私たちのホームページ。
一体どこが違うのでしょうか?

世の中には、たくさんのホームページがあります。
今ご紹介したように、上手くいってる例もあれば、全く売り上げに繋がっていないパターンもあるかと思います。
むしろ、「ホームページを作ったけど、全然上手くいってなくて、、、。」という方の方が多いのかもしれません。

一体その差は何なのか?
上手くいかない原因を取り除いて、順調なところを真似すれば、誰でも儲かるようになるのか?
私どもでは、様々な実験を繰り返してきました。
そこで、いくつか分かってきた事があります。

それは、、、
広告の予算を増やす事でしょうか?
動きのあるページという事で、動画などの装飾物を増やす事でしょうか?

もちろん違います。
では、その差について、大きく三つのポイントとしてまとめてみました。

ホームページで売り上げが上がるパターン、上手くいかないパターン。
決定的な3つの違いとは?

[1][2][3]

ホームページ作成、詳しい資料はこちらまで。


関連記事

ページ上部へ戻る