【中国版グーグルBaiduの公式開発環境がまさかのバックドア】

ブログ
 10月29日、中国ネット検索大手の百度(バイドゥ)が発表した第3・四半期決算は、広告収入の増加を受けて、売上高が前年同期比36%増の183億8000万元となった。2014年12月撮影(2015年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

【中国版グーグルBaiduの公式開発環境がまさかのバックドア】                   2015/11/20

数ヶ月前、Appleでも似たようなことがありました。
公式の開発環境が無料であるのに、わざわざ違法の中華版を使ってアプリ開発すると、若干の悪さ使用が組み込まれるって事件。(さすがに乗っ取りはできませんが)

あれ、二日ぐらいで解決したじゃないですか?被害アプリが50本ぐらいと少数だったのもありますが、App Storeのシステムが被害を起こさせない仕組みでしたよね〜。

一方でこの事件。
一万本を超えるアプリが乗っ取りを含めた不正アプリの自動インストールが可能だそうで。
しかも今のところ、解決策がないっていうのがAndroidの根本的な欠陥を露呈してるんじゃないでしょうか。

周囲を見渡すと、個人情報ガーなんて偉そうに言ってる人に限ってAndroid使ってるっていうね。
ガラケーなら安全とか言ってますが、最近は中身がAndroidだったりしますからね。
ひぇ〜おっかねぇぇぇっ。

もはやiPhone同士でないと、マトモな社会人としてのコミュニケーションも難しい時代なんでしょうかw

 

中国バイドゥがAndroidにバラまいた猛毒 | インターネット
中国のバイドゥ(百度)が提供するAndroid用アプリに重大なセキュリティ上の問題が発覚。その影響範囲の広さから衝撃が走っている。この問題への対処は可能だが、感染経路などを考えると、今後の影響は広範囲に及…

 

タイトルとURLをコピーしました