働き方改革


まずはマイスターサポートがどのような会社か?

当社の中で大きな目標があります。

デジタル技術により、多様な働き方を提案できる環境をお客様にご提供する。

これが当社のミッションであり、テーマでもあります。

働き方を変えていこう

つまり、働き方を変えていこう。

デジタル技術を使って、より働きやすい社会を実現しよう。

というようなかたちで考えています。

そのため、出来るだけ多様性のある働き方というのが提案出来るように、それも社会貢献に結びつくようなやり方を考えています。

当社が受注をさせて頂いている業務、取り扱わせて頂いてるような商品というのは、意外と残業がちの業務であることが多いです。

それが我々のチャレンジなのです。

ブラックにしないために

何もしなければ夜の残業や土日に出勤しなければならない。

お客様のサポートのために多大なエネルギーを使うような業種。

例えばシステム開発や、納期が迫られているデザインなどですね。

残業がちの業務・就業帯が多いと思うのですが。そちらの方を当社はメインで担当して、しかもブラックではない。

負担の掛からないような働き方を実現している。

というのが今のやり方です。

本来はブラックになりやすいような業種であっても、ブラック労働に結びつきにくいような働き方ですね。

多様性のある働き方を提供することによって、それぞれ労使共々、お客様も満足出来る。幸福になっていける。

というような働き方の仕組みについてですね。

これはまた関連するクライアント様に提供すると言うのが、当社のビジネスになっています。

特に会社内部の方ですが、ブラック労働が出来ないために。

要するに、今まであれば無茶が出来る社員さんというのが喜ばれるような時代があるんですね。

例えば昭和の頃のイメージをして頂くとわかるのですが。

無茶が出来ない人というのがどうしても、優劣で言うと上の方にならない。あまり尊重されない。という時代が続いてきました。

そのあたりを変えていけるように。

今まであれば割を食っていたような立場の人が極力活動しやすい、というようなかたちで今の働き方を考えています。

残業禁止

例えば、残業禁止。

当社は当然残業禁止ですが、そういったかたちの働き方を決めていくだとか。

一人一人、例えば優秀であれば優秀であるほど一人の社員さんに負担が集中する、というのはどこの会社でも多いと思います。成長段階の時など特にそうだと思います。

それが起きにくいような仕組みや、あるいは会社にかなり長時間で縛られているというのがやはり多いと思うのですが、そうでなくて。

負担を減らす

例えば、テレワークや様々な分散労働を推進することによって、一人一人の負担を減らす。

もちろん女性の役員登用。これもこの国の課題ですね。

先進国と言うよりも、世界の中でも最低レベルの女性の進出率の低さ。

これをなんとかしようという風に考えています。

そのような働き方の一環ということで当社の中では、障害者事業の方、就労継続支援事業も、行っていたりします。

これがまず大きく分けて言うと、働き方改革だと思うのです。

関連記事:働き方改革

記事は見つかりませんでした。


タイトルとURLをコピーしました