お店訪問

  1. 【フルネームで呼ばれる男】

    「こないだタカタナオシがさ。」「こんどタカタナオシとね。」「いや〜タカタナオシはね〜。」と、常にフルネームで呼ばれてるタカタナオシさん。先日の建築建材展で久々にお会いしました。簡単な意見交換だけですぐにお時間となってしまいましたが、さすがのタカタナオシですよ。

  2. ノボリ王国:小川さん

    僕の撮り方がヘタで分かりにくいですが、二件の間口にノボリ3本、タペストリー1枚(あれ?ノボリって一流、二流でしたっけ?まあいいやw)いろんなカラーリングといろんな内容のノボリが立ち並びます。

  3. 三越本店に登板中の青柳さん

    日本橋の三越本店。銚子の青柳さんが今年も出店されました。サラッと書いてますが、なかなか出来ることではないですよね。しかも、キッチリ結果を評価されての二年連続出場。いや〜、すごい話です。で、ここまでトントン拍子で話が進むと、大抵の人間は勘違いを起こします。

  4. イ草を育てる仲間たち。

    畳の材料と言えば、イ草。田んぼで二年以上かかって育てるそうです。いや〜大変だ。そんな大変な作業をですね、自分でお金を払って、田んぼをレンタルしつつ、(基本的には管理をお任せする訳ですが)時には、農作業を行いながら草作りをするという、こだわり派の方がいらっしゃいます。

  5. 俺以外全員一級。

    板橋暮らしを1週間続けてますと、いろんなところに参ります。赤羽でおいしい肉そば喰ったかと思えば、蝶ネクタイの開発に首突っ込んだり・・・。かと思えば、ちょいとミーティングのあと、東京の組合青年部さんの会合に・・・。

  6. くまモンvs俺

    かれこれ1週間になります板橋暮らしですが、東京ビックサイトで行われております、建築建材展。本日はこちらに行って参りました。ビックサイトまで電車一本乗り換え無し。

  7. 八巻畳工業は業界の風雲児なのか?

    その口の悪さと、誰彼かまわず突撃していく根性で、すでに業界の有名人となっている八巻畳工業の八巻さん。お客さんが見てるというのに、仕事面倒くせえ!と、書ききる言いたい放題ブログも人気です。 今や業界の風雲児ともいわれる八巻さん。

  8. 三越での畳の売り方。

    銚子で畳と言えば、誰もが知ってる青柳畳店さん。なんと、日本橋の三越で畳の展示をなさってます。父の日に向けたイベント展示らしいですが、例のカバンが百貨店デビューですね!ってことで、行ってまいりました。エレベーター前の一角に様々な展示が。畳と帆布と皮。

ページ上部へ戻る