ブログ

Slackなのか?Chatworkなのか?


最近は社内SNS使ってる会社増えましたよね。

今更メールに戻れないんじゃないでしょうか?

で、国内ではやっぱりChatworkが人気なのかな?一大勢力ですよね。

とはいえSlackもCM流したり一大攻勢中。

実際使いやすいのはどちらなんでしょうか?

試してみました・・・。

Chatworkの方が日本人らしいというか、やるべきタスクをきっちり管理型。

締め切りもギッチリ決めて、担当者もガッチリ決まってて、関係者にも通知がバッチリ届いてとネクタイを締めたがる民族性を反映しています。

反面情報がドバッと流れたときキッチリ対応をしようとすると、Chatworkの連絡事項だけで半日かかってしまった・・・的なことになりやすいです。

一方SlackはもうちょっとTシャツ半パン寄り。

期限管理はオマケ程度、情報もさらっと流して自分で必要な部分だけ自分で☆印つけて管理してねって感じ。

画像も一個一個確認して・・・というよりプレビューで流し見してねという雰囲気。

サイドバーに扱ってるファイルが時系列に表示されたりよく使う情報に短時間でアクセスできる工夫がなされてます。

一つのメモも漏らさない!って人向けのChatworkと

とりあえず手元の案件から処理しましょうってノリのSlack。

なんとなくなんですけど、使ってる会社のカラーが反映されてますよね。

やっぱり大部分のキッチリさんにはChatworkの方が合うんだと思います。

でも会議や終業後にChatwork上の対応に追われてる人を見てたらかわいそうです。

社内SNSさえなかったらもっと幸せだったんじゃないか?とすら思えます。

てな訳でウチはSlackに移行しようかな・・・。

な~んて思ってたらエンジニアがSynologyのChatアプリはSlackに似てて使いやすいよって教えてくれました。

これならセキュリティも守られるしネット不可も小さいし、ウチ向けかも。

しばらく試してみたいと思いま~す。


関連記事

ページ上部へ戻る