ブログ

次世代ビジネス実践アカデミーよりプロアクションコーチの認定をいただきました。


特に講演などでこだわってきた事ですが、僕が喋る時はスライドに他社の事例を載せる事はありませんでした。
実際に人のセミナーでは、自社に関係のない広告を事例として使ってる例が多いみたいですが、僕はあまり好きではありません。
やはり自分たちが身につけた実例をもとに話を組み立てるべきだと思います。
そりゃ説明モデルとして、許可を得た上で使うのはやむを得ないのかも知れませんが、資料の半分以上がインターネットからパクってきたスライドばかりとかだと、どうしても誠意を感じる事はできませんよね。

これは、講演の内容についても同じです。
DSC_4681
自分で実践していない机上の知識だけだと、どうしても薄っぺらなお話しになってしまいます。
そこで困って来るのが普遍的な内容。
あまりにも基本的な内容について触れるとき、話のよりどころを選ぶのに苦労する事があるのです。

そのへんを解決するために、取得したのがこのプロアクションコーチの認定です。
系統だった経営メソッドを、話のよりどころとして使っていいという資格なんですが、ようやく取得する事ができました。

今後は学んだ知識を生かして、多くの場面で活かしていきたいと思います。


関連記事

ページ上部へ戻る