ブログ

MacとiPadの連携ならiMindMapか。


マインドマップ。
すでにおなじみの方も多いかと思います。

実は今回の夏合宿は簡単版テキストと詳細版テキストの二種類をご用意しようと考えています。
そして簡単版テキストの方はマインドマップにしちゃった方が分かりやすいかな?と考えてます。

理想を言えば、そりゃあ自分で書いてご用意差し上げるのが一番でしょうが、やっぱりここは機械にね、頼っちゃいます。清書というかなんというか・・・。

で、事実上iPadがメインマシンの私。
とは言えいざクリエイティブとなるとMacも手放せません。
結果iPadとMacを行ったり来たり。
ついでにiPhoneも出したり引っ込めたり。
こういうアッチコッチ行ったり来たりな使い方の場合、クラウド連携が全てと言っていいです。

となるとマインドマップアプリを選ぶ時もクラウドの対応具合から選んじゃうかな〜。
って考えたら元祖で本家のiMindMapが一番かな〜。なんて思ってます。
入力はキーボードショートカットが使えるMacでガシガシ入力して、修正や運用段階ではiPad。
クラウド連携なのでデータの移動も知らない間に終わってます。

ただ、問題なのがパソコンアプリの動作の遅さ。
これがネックなんですよね〜。
いつか良くなるのでしょうか?
使いながら吉報を待ちたいと思います。


関連記事

ページ上部へ戻る