ブログ

【近未来ノートは意外とアナログ派?】


【近未来ノートは意外とアナログ派?】       2014/4/30

わりとデジタルおじさんの私ですが、アレ苦手なんですよ。
パソコンでメモとるの!

都会のサラリーマンが会議室でやってそうじゃないですか、
人が話してるのに顔も見ないでカタカタやるやつ。
苦手っていうか、できないですね。

白状しますが、人の講演でMac開いてるときは別の仕事してますw
ごめんなさ〜いwww

やっぱり、メモは手書きでしょ。
ただの記録だけじゃなっくて、考えるという行為も含まれると思うので、やっぱりデジタル化はしちゃだめな部分だと思います。

特にアイデアを出したり、思考をまとめたりするときは、必ず手作業ですよね。
ポストイット使ったり、コピー用紙を使ったり、スタイルは人それぞれかもしれませんよね。

僕の場合はB6とかA5の手帳です。
ときによっては、A4のコピー用紙を使うこともありますが、持ち歩くとしたらこの3種類です。
デスクではA3とかB4も内容によっては使います。

でもですね。
手帳ってのも、便利な反面、過去の手帳を検索するのが、不可能なぐらい不便ですよね。
コピー用紙に書いてるのも、最終的にはスキャンして保存するのが狙いなんですが、
そう簡単には整理整頓できないですよね〜。

ってことで、買ってみました。
livescribe。
ライブスクライブって発音するんでしょうか。
デジタル記録できる紙とボールペンです。

ボールペンとしては不釣り合いに太いんですが、電源オンして専用のノートに書いていきますと、
なんとiPhoneに取り込まれていくんですね。

14069755955_9d7fc33bae_z

いったんiPhoneに入れてしまえば事実上何冊でも持ち歩けるって訳で、
過去のノートを血眼になって探す必要はなくなります。

14089805993_999eccc89a_z

そして、手書きで書かれた文字もテキスト変換できちゃうので、あとで検索することができるのです。
すごいでしょ?

13883152459_7a1023e6e8_z-2

最近紙に書いて渡しちゃったつもりが、双方紛失。って事件があったので、
対策に買ってみました。

メモだろうが何だろうが写真に撮ってタグ付けして保存・・・
ってやり方も、アリなんですが、もう一歩普段使いというか、
アナログに近いやり方で扱えます。

専用ノートしか使えないっていう前提はありますが、しばらく使い込んでみたいと思います。


関連記事

ページ上部へ戻る