ブログ

  1. 折込チラシで当たってもポスティングで失敗する論理的な理由

    反応の取れる広告の作り方ですが、多くの広告の添削を繰り返していると傾向というか多くの人のパターンが見えてくることがあります。効果が上がるのはやはり原理原則、基礎実力がしっかりしてる人が作ることが多いです。

  2. 本当はチラシはヒットしてはいけない。集めすぎると起きる悲惨な現実。

    チラシをヒットさせたい!集客でしっかり儲けたい!誰もがそう思うかと思います。「チラシで儲けたい人?」と聞くとほぼ全員が手をあげるかと思います。しかしヒットし過ぎると経営上大きなダメージを受けてしまうというのが今回のテーマです。

  3. なぜ20代が折込チラシを見て当社に殺到するのか?

    これからの日本社会、売上が足りない、お客さんがいないと嘆いている場合ではありません。それ以前の問題として、日本語が話せる労働力が全く足りてません。優秀な社員が来ない!なんてレベルの話ではありません。とにかく日本列島に二本足で歩く人類が足りてないのです。

  4. データは役に立たない! 購読者数と年収層で分析できない時代に

    タウンページの営業と対応したことはありますか?ネクタイしめた「勉強頑張ってます!」みたいな若手営業マンが分厚い提案書を持ってきてくれます。御社の商圏分析!みたいに頑張ってですね。いろんな統計資料を見せてくれます。

  5. なぜ広告代理店で広告を作ると外してしまうのか、当てるプロと刷るプロは異なるという話

    先ほどチラシで当てるのが簡単な時代が再びきました!とお話ししました。しかし周りを見渡してください。そんなにチラシで大当たりしてる人って聞かないですよね?健康食品?不動産屋さん?パチンコ?飲食?成果が出てるという話はなかなか届いてきません。

  6. 新聞なんて誰も読まないよ!と敵が諦めてる今がチャンスです。

    チラシ。特に新聞折込チラシです。21世紀にもなってもなお、やってる人はいるのでしょうか?新聞の購読者の急速な現象。海外では著名新聞が次々と廃刊に追い込まれています。しかも若い人なんて新聞読むわけないですよね。

  7. 営業会議っぽいグループ講義

    実践会特別塾、第二期ですね!今回はスケジュールの都合で大阪ー東京日帰り往復です。一年間のプログラムでできるだけ多くの知識をお伝えしたい。

  8. このポケットに何入れる?

    iPhoneX本体よりずいぶん待たされることを覚悟してました。ただのケースといえばケースなんですが、Apple初の手帳型ケース。ま、フタ付きのスマホケースです、ただ単に。これのブルーがやたら売れてて3週間待ちか?とも言われてたのですが、あっさり到着しました。

  9. 1日講演@熊本商工会議所

    そういえば自社主催のワンデイセミナーってやってません。13時スタートで4時間ってのが典型パターンで、午前から7時間8時間ってパターンはまずやってません。自社主催だと色々気を遣いますからね。遠方から来られる方のために、なるだけ日帰り往復できるようにとの配慮も必要かなと思ったりとか。

  10. 先のことを考えるとやっぱり事業は展開しておかないと。

    乗り換えアプリでどういう訳か名古屋まで特急移動。新幹線乗り継ぎで東京へ。慣れないことはしてはいけません。名古屋から間違って新大阪行きに乗ってしまいましたwと朝から間抜けなスタートをしつつ茨城経由宇都宮へ。中小企業は社長が全て。人生=我が社。

ページ上部へ戻る