ブログ

外部コンサルに頼る


自分にこんな日が来るなんて思いもよりませんでした。

新しいやり方を

調べて→試行錯誤し→習得した上で→結果を出し→社員ができるレベルまで噛み砕いて→徹底させる。

もうね、この流れ無理ですw

全てのオペレーションで俺がこれを全部やるのは不可能だと悟りました。

ま、従来型の会社だと幹部がこの役割を担うんですが、それやると主要ポストが無限に疲弊してしまう。

社長が無責任に持って来るアイデアを幹部が全て実現するなんて馬鹿げてます。

自分でやって社長が倒れるか、社員にやらせて幹部が燃え尽きるか?

そんな2択クイズ嫌だなってことで、外部コンサルを入れることにしました。

今までだったら毛嫌いして絶対にやらないこと1位だったと思います。

そもそもコンサルって言葉が大嫌い。

な~んか中身のないイメージがつきまといます。

でも成長とともに変わらなきゃ。

振り返ってみると今まで嫌がってた事って毎年一つぐらいは克服してる気がしますw

そんなわけで懇意にさせていただいている上に、コンサルという言葉が嫌いな山田さんにご来社いただきました。

ラーメン食べたらエンジンスタート!

当社が改善したいポイントは明確です。

オンライン業務で普段から「ああした方がいいよ、こうするべきかもよ。」な~んて言ってるだけで放置。みたいな部分が結構あるんです。

社長が徹底させてない罪なんですが、そこがついつい手薄すになっちゃうんですよね。

そう言う曖昧だった部分に手順と作業ルールを決めて締め切りが区切られていきます。

やってみてわかったんですが、外部コンサル来てもらってる手前、ちゃんとやらないと恥をかくという「よそ行き効果」は眼を見張るものがありますw

スタッフちゃんとメモとってます。当たり前かw

実際やるべきリストの数はそれほど多くありませn。

ただ、担当してるクライアントサイトの全てに作業を徹底しようとなると作業量は必然的に膨れ上がります。

できない机上論を偉そうに言うのが一番ウンコなので、1ヶ月でできる分量だけ打ち合わせて本日は終了~。

比較的アッサリ目の分量でしたが現実に作業にかかるスタッフからはお腹いっぱい感が出てました。

お昼到着で東京から来た山田さん。

夜には奥様と夕飯を共にと言うことでトンボ返りです。

さすが新婚!

初回の顔合わせも無事終わり、業務は次々と進むのでありました~。


関連記事

ページ上部へ戻る