ブログ

スーパーのセール日に入れるとチラシは当たるという昭和の幻想


チラシ作りをお手伝いしてると必ず質問され、多くの場合は聞き入れてもらえない話があります。

それはチラシの投入日とチラシの紙色です。

この2点はどうも個人の信念が色濃く反映されるようで、なかなか他人の意見は採用しづらいようです。

なので最近は島田の推薦パターンとクライアントの信念パターンとを両方テストしてもらうことにしてます。

これをABテストやスプリットランと呼びますがそれはまた別の話・・・。

で、毎回のようにスプリットランを繰り返していると答えは見えてきました。

チラシを投入するのに最適な曜日はチラシが最も折り込まれている曜日。

または同業他社がチラシを折り込んだ日。です。

こう書ききると二種類の反論を受けます。

一つ目は「自社のチラシが目立つように折込の少ない月曜日を狙うべきでは?」で、

もう一つのパターンは「昔セミナーで主婦が目を通すスーパーのチラシ投入日に合わせるべきと聞いたことがある!」と言った意見ですね。

答えは簡単です。

広告は実証科学。

反応が上がった。という結果が全てです。

仮説も類推もナンセンス。

勝てばいいんです、勝てば。

年がら年中スプリットランに付き合ってる僕の意見としてはチラシが最も入ってる土曜日か日曜日が一番反応が高いです。

同業他社の投入日が予測できるなら土日以上に効果が期待できます。ぜひぶつけましょう。


関連記事

ページ上部へ戻る